幼児クラス(3歳~6歳)

”Hello! Hello!”の楽しい英語の歌からレッスンは始まります。お母さんとなかなか離れなかったお子様も少しずつ体がリズムに乗ってきますよ。英語で”Weather! Weather! How’s weather?” “Sunny! Sunny! It’s sunny!” 元気な子供の声が先生へ届きます。歌、ゲーム、フォニックス、次々にアクティビティにレッスンは進み、子ども達はあっという間に英語の世界へ引き込まれていきます。

 

その1 ベテラン講師

日本が大好きで子ども達に英語を教えて9年。現在、保育園、プライベートあわせておおよそ180名の子ども達にレッスンをしています。いつでも子供の目線に合わせたトニー先生のレッスンは子ども達の興味を最大限に引き出します。

 

その2 ドキドキからワクワクへ、英語を心から楽しむこと

ABCから体を使って英語の音をがっちり体感します。初めて習う英語。子ども達はどんなことをするのかドキドキです。そんな緊張もレッスンを始めてすぐに開放されるでしょう。

最初は戸惑っているお子様もトニー先生のユーモア溢れるレッスンには自然と体が弾みます。Hop!Step!Jump! アクティビティで刺激的な英語のゲーム、絵本読みの繰り返しで創造力豊かに英語の発音、単語を楽しみながら学びます。家族でゲームをしている感覚で自然に夢中になれるのが先生のレッスン内容です。最初泣いていたお子様もご心配なく!数週間もすればニッコリ心から楽しんでもらっています。

 

その3 英語嫌いにならない、早期英語教育、遊びの中から実践的な英語を習得

幼児期は、母国語である日本語の生活言語のレベルアップが急速に進む段階です。母国語の土台が出来始めてから、英語に触れる絶好のタイミングです。個人差はありますが幼児期に学んだ英語の発音は後々ネイティブ並に継続すると言われています。ペーパーワークよりもまずは歌やゲーム、チャンツの遊びの中から英語独特の音のアクセントやリズムをしっかり取得します。日本語にはない英語の音に開花する適切な環境を早期に作ってあげることが大事です。先生独自のアイデア豊富な題材でネイティブ英語の発音を繰り返し習得します。小学校に上がっても英語を続けたい!と思ってもらえる、そんなエキサイティングなレッスンです。